レザークラフトの道具いろいろ

最後にレザークラフトに必要ないろいろな道具を見て頂きます。自作した道具もあり、参考になれば幸いです。レザークラフトがみなさんの人生の楽しみに加われば、私にとって成功です。

投稿日:

私の手作り革製品、上達の歴史

私がこれまでに手作りしてきた革製品。下手くそで恥ずかしい物を残してありましたので、どうにか使えるようなものを紹介して、「縫い」の実際を見て頂きます。レザークラフト上達の様子がご覧になれると思います。

投稿日:

「クロム鞣し(なめし)革」でバッグを作る

トートバッグのような柔らかい作品を作りたい。このようなときは、ヌメ革では不具合です。「クロム鞣し(なめし)革」を用います。端材を利用して作ったバッグの写真も掲載しています。アプローチとしてはいいアイデアだったと自負していますから、ご参考です。

投稿日:

革の縫い方、その技法について

レザークラフトのピースを組み合わせて作品を得るためには縫う必要があります。革の縫い方にはどのようなものがあるのでしょうか? 日本の「箱縫い」など、「縫い」の技術を簡単に紹介します。自作の「ソーイング・ポニー」の写真も掲載しています。

投稿日:

粉末の「CMC」で革の縁磨き

レザークラフトでは革の裏と縁を処理します。日本では「ふのり」と言う海藻から作ったのり状の液体を使用しますが、入手が難しいので、「CMC」という粉末を水に溶かして使います。裏地がなくても処理するとそのまま味わえます、縁の処理は丹念に行うことにより美しい作品となります。

投稿日:

レザーカービングの道具

レザークラフト・カービングにだけ使用する道具を紹介します。刻印が数を増やす原因です。集めるときりがありませんから、基本セットがおススメです。

投稿日:

オリジナルのカービング小物

ハンドメイドと言えるのはオリジナルだけ。そんな思い上がりが強い私が、初心者だというのにオリジナル物を材料に、参考になることお話します。

投稿日:

カービングは「ヌメ革」に施す

カービングは水性鞣しの「タンニン鞣し」である「ヌメ革」に施します。出来上がりは形がしっかりした物になります。男性の持ち物に多いです。

投稿日:

レザークラフト、先ずはキットがおススメ

手っ取り早くレザークラフトをはじめるにはキットがおすすめ! 6種の小物が作れ、これに必要な道具や材料が全てセットになっている「レザークラフト基本セット」を紹介します。

投稿日:

革の手芸・レザークラフトやるよ~!

私がレザークラフトを始めた動機やその頃のことをご紹介します。また、手芸(ホビー)としてのレザークラフトに付いて簡単に説明します。

投稿日: